«
»

結論ありきの辺野古阻止議論

「万国津梁会議」、初回は「人権・平和」がテーマ

「万国津梁会議」、初回は「人権・平和」がテーマ バランス欠く委員の選考

 沖縄県は5月30日、米軍基地のあり方など、沖縄の将来像について有識者が議論する「万国津梁(しんりょう)会議」の初会合を県庁で開いた。ただ同会合は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設阻止を前提に話し合うもの。県と政府の間の溝はますます深まりそうだ。(沖縄支局・豊田 剛)

 万国津梁会議のテーマは「人権・平和」「情報ネットワーク」「経済・財政」「人材育成・教育・福祉・女性」「自然・文化・スポーツ」の五つの分野。各会議とも5人程度の委員で構成される。

 初回は「人権・平和」で在日米軍の駐留のあり方を議論した。委員はジョージワシントン大学のマイク・モチヅキ准教授、元外務省国際情報局長で東アジア共同体研究所の孫崎享氏、元官房副長官補で国際地政学研究所の柳沢協二氏、沖縄国際大学の野添文彬准教授、琉球大学の山本章子講師。5人とも、在日米海兵隊の縮小と辺野古移設の不要を持論としている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。