«
»

オール沖縄・高良氏と自公維態勢・安里氏の一騎打ち

オール沖縄・高良氏と自公維態勢・安里氏の一騎打ち

参院選まであと2ヵ月、単純な「保革対立」からの脱却なるか

 7月に予定されている参議院選挙まで残り約2カ月と迫ってきた。沖縄選挙区(改選1)では、「オール沖縄」勢力が支援する琉球大法科大学院名誉教授で憲法学者の高良鉄美氏(65)と自民党公認の元日本青年会議所(JC)会頭でシンバホールディングス会長の安里繁信氏(49)による事実上の一騎打ちとなる見通しだ。(沖縄支局・豊田 剛)

 4月21日に投開票された衆院沖縄3区補選では、玉城デニー知事を支える革新系「オール沖縄」陣営の推す屋良朝博氏が初当選を果たした。その余韻に浸る間もなく、7月21日に予定されている参議院選に向けて動きが慌ただしくなっている。

 オール沖縄陣営は、候補者選びで難航したが、高良鉄美名誉教授を擁立することで落ち着いた。沖縄地域政党である沖縄社会大衆党(社大)の糸数慶子氏(71)は勇退することとなったが、4選に意欲を示していた。そのため、高良氏擁立を決めた社大内で不協和音が生じた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。