«
»

辺野古移設反対か、経済福祉重視か

辺野古移設反対か、経済福祉重視か

衆院沖縄3区補選、争点づくりで両陣営がアピール

 名護市を含む沖縄本島中北部を選挙区とする衆院沖縄3区補選が21日に投開票される。いずれも新人で玉城(たまき)デニー知事が支援する革新系、屋良朝博(やらともひろ)氏(56)=無所属=と、元沖縄・北方担当相の島尻安伊子(あいこ)氏(54)=自民公認、公明・維新推薦=による一騎打ち。昨年9月の知事選に続き、安倍政権対野党共闘の対立構図となっているが、屋良氏が優勢で島尻氏が猛追している。(沖縄支局・豊田 剛)

 「辺野古の海には絶対に一本の指も触れさせない」

 辺野古移設反対を公約の一丁目一番地に置く屋良氏。9日朝、沖縄市で行った出陣式で「沖縄の民意をこれほどまでになぜ無視できるのか。辺野古移設はすぐに止めないといけない」と強調した。玉城知事は「私の後継候補としてお願いしたい」と支持を求めた。その後、名護市のキャンプ・シュワブ前を訪れ、辺野古移設反対の思いを反基地活動家らと共有した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。