«
»

宮古島に陸上自衛隊の警備部隊を配備

宮古島に陸上自衛隊の警備部隊を配備

緊迫する南西諸島周辺の防衛の空白を新たに埋める

 陸上自衛隊宮古島駐屯地(沖縄県宮古島市)が3月下旬に開設した。緊迫する南西諸島周辺情勢の下、沖縄本島と与那国島にしか配備されていなかった陸自を同島にも配置したことで、防衛上の空白を新たに埋める意義がある。ただ、防衛省が住民に事前説明をしなかったことから反発が強まり、弾薬を島外に搬出した欠陥を抱えての船出となった。(沖縄支局・豊田 剛)

 宮古島駐屯地で7日、宮古警備隊隊旗授与式・宮古島駐屯地新編行事が開かれ、隊旗が岩屋毅防衛相から田中広明宮古警備隊長兼駐屯地司令に渡された。3月26日に発足した宮古島駐屯地の宮古島警備隊は約380人規模。今年度中にも対空部隊と対艦部隊が配置され、約700~800人規模になる。

 防衛大臣訓示で岩屋氏は、「宮古島警備隊の発足は『島嶼を守り抜く』というわが国の確固たる意思を示すとともに、南西諸島地域における各種事態への対処の礎を築くもの」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。