«
»

全戦没者20万人の起源、誤謬を重ね死者増やす

 1946年1月15日、アメリカ海軍軍政府は沖縄本島の人口調査結果を発表した。32万6625人であった。沖縄諮詢(しじゅん)会は44年2月の沖縄本島の人口49万2128人から46年1月の本島人口を差し引いた16万5503人を全住民戦没者数と推定した。

 55年、琉球政府は戦時中の人口課長浦崎純氏の証言から疎開人口約6万2000人を差し引き、全住民戦没者数10万3503人を出した。疎開者数に変動がない限り全住民戦没者数に変動はあり得ない。そして、先島の人口は全く頭にないことを忘れてはならない。なぜなら、宮古、八重山にはアメリカ軍は上陸せず、戦場でなかったからだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。