«
»

沖縄県民投票は「反対」運動の独壇場になっている

 普天間飛行場の辺野古移設の是非を問う沖縄県民投票は「反対」運動の独壇場となっている。「賛成」は声を上げず、「どちらでもない」は無関心。本来の安全保障という“最大の福祉”には目が向けられていない現状をフリーライターの知念章氏と知念尚美氏に語ってもらった。

パトリオットTV フェイスブックページ
https://www.facebook.com/kokueki/
たくさんの「いいね!」をお願いします!

8

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。