«
»

辺野古埋め立て着手に「勝つことは難しい」と玉城知事が弱音

 沖縄県の玉城デニー知事は15日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で反基地集会に参加した。反基地活動家を激励するのが目的。

玉城デニー知事

反基地活動家の歓迎を受けた玉城デニー知事=15日午前、沖縄県名護市辺野古

 玉城氏は、政府が14日に埋め立て土砂を投入したことを「暴挙」と批判し「対話は大切だ。しかし対抗すべき時は対抗する」と訴えた。ただ「勝つことは難しい」と弱音を吐露する場面もあった。

 14日夜には自身のSNSで「午前11時辺野古ゲート前に行き、多くの県民とともに違法な土砂投入に抗議します」と予告。労組などが動員を掛けていたが、参加者は約400人。玉城氏がよく口にする「県民の総意」としての反対の意思を示すほどのインパクトにはならなかった。

 玉城氏は9月の知事選で辺野古移設反対を最重要公約として訴えて当選している。土砂投入によって本格的な工事が進むことで、公約違反のそしりは免れない。

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。