«
»

玉城氏が“翁長弔い”前面に初当選―沖縄県知事選

 翁長雄志知事の死去を受けて30日に投開票された沖縄県知事選は、共産党、社民党や労組などでつくる「オール沖縄」が推す玉城デニー前衆院議員(58)が、新人の佐喜真淳前宜野湾市長(54)=自民、公明、維新、希望推薦=ら3人を破って初当選した。

 最大の争点となった普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設について、玉城氏は反対を公約に掲げ、翁長氏が進めた辺野古埋め立て承認の撤回を支持する立場で、政府との対立が再び先鋭化する。

 当選した玉城氏は、「県民が主人公の政治を進めるか、政府、官邸主導で沖縄のもの事を決める古い政治に戻すのかの戦いだった」と振り返り、「翁長雄志知事の遺志を継ぎ、辺野古新基地建設ノーをしっかり政府に伝えたい」と強調した上で、「翁長氏への県民の追悼の思いを強く感じた」と話した。

 佐喜真氏は、「街のど真ん中にある普天間飛行場の一日も早い返還が重要だ」と強調。敗戦の弁で「『県民の暮らしが最優先で、争いではなく対話を通して結果を残す』と訴えたが及ばなかった」と述べた。

 玉城氏は1959年、沖縄県うるま市生まれ。本名は玉城康裕。ラジオパーソナリティーとして活動した後、2002年に沖縄市議に初当選。09年に衆院議員に初当選し、4期務めた。妻・智恵子さんとの間に2男2女。
(那覇・豊田 剛)

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。