«
»

デタラメな調査で大広告、生存者も戦没者名簿に

平和の礎

 1995年1月16日、前代未聞の大広告が沖縄タイムスと琉球新報に出た。48ページにわたる「平和の礎(いしじ)に刻銘する沖縄県出身戦没者名簿」の広告だ。この大広告には県知事の権限内の6000万円(タイムス、新報に3000万円ずつ)が出費されている。

 この大広告で発表された「戦没者」とは前年の11月28日から12月9日までに整理されたものだ、ということで約14万9000余人に及ぶ。ところが、調査対象者は満州事変の始まった31年9月から46年9月までに沖縄県および国内はもとより、中国(満州や台湾を含む)、朝鮮、南洋諸島などで戦没された方だと明記されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。