«
»

県知事選の前哨戦 名護市議選 来月9日投開票

「辺野古移設」に絡み保革両陣営が激戦

「辺野古移設」に絡み保革両陣営が激戦

 9月30日投開票の沖縄県知事選を前に、同9日は県内で26の市町村議選が行われる。中でも、普天間飛行場(宜野湾市)の移設先の辺野古が所在する名護市議選は、保革両陣営にとって「絶対に負けられない戦い」であり、知事選の「前哨戦」とも位置付けられている。(那覇支局・豊田 剛)

 普天間飛行場の代替施設の工事が進められる名護市辺野古区。ゲート前では連日、移設反対派が体を張っての抗議活動を行い、住民は道路渋滞や騒音の被害を受けている。

 そんな辺野古で19日、3年に1度開催される地域最大の大綱引きが行われた。地元区民のほか、米兵ら約3000人が参加した。名護市の統計によると、4月現在の辺野古区は1114世帯で、人口は約1870人。そのうち、沖縄高専の学生が3分の1以上を占めるとされる。綱引きには総人口を上回る人数が参加したのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。