«
»

今秋の沖縄県知事選、革新は後継不在で知事が頼り

今秋の沖縄県知事選、翁長知事は出馬明言せず

翁長知事 膵臓がん公表、出馬明言せず

 12月の任期満了に伴う沖縄県知事選が今秋にも実施される。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対する翁長雄志知事は膵臓(すいぞう)がんの手術をしたことを明らかにしたが、革新陣営は翁長氏の再選に期待する。一方、自民は候補者擁立に向け動きが活発になっており、6月にも決定する見通しだ。(那覇支局・豊田 剛)

 膵臓に見つかった腫瘍切除のために入院していた翁長氏は15日退院し、その直後に行われた記者会見で膵臓がんだったことを明らかにした。

 今年12月までの知事任期を全うできるのか、あるいは、2期目の出馬があるかどうかに関心が高まっているが、こうした疑問について翁長氏は「一日一日の公務についてやっていきたいと思っている」と述べるにとどめた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。