«
»

辺野古移設反対の「奇跡の1週間」は「迷惑な1週間」だ

辺野古護岸着工1年、抗議集会が激化

キャンプ・シュワブのゲート前に集まった移設反対派=25日午前10時、沖縄県名護市辺野古 キャンプ・シュワブのゲート前

キャンプ・シュワブのゲート前に集まった移設反対派=25日午前10時、沖縄県名護市辺野古 キャンプ・シュワブのゲート前

 日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として合意している名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前の反対運動が激しい。
「基地建設を止める奇跡の1週間」を合言葉に、移設反対派は今月23日から6日間の予定で、キャンプ・シュワブのゲート前で500人以上の座り込み参加を呼びかけている。主催者発表では23日から25日までは500人を超える参加者が集まった。参加者の中には稲嶺進前名護市長の姿もあった。

 ところが、参加者は車道に出てゲート前のダンプカーなど工事関係車両の出入りを妨害するため、道路は大渋滞を引き起こしている。初日は延べ5時間以上にわたり国道329号の南向け車線がふさがり、大渋滞を引き起こした。

機動隊に封じ込められ助けを求める反対派=25日午前10時、沖縄県名護市辺野古キャンプ・シュワブのゲート前

機動隊に封じ込められた反対派=25日午前10時、沖縄県名護市辺野古キャンプ・シュワブのゲート前

 反対派は道路に座り込んだり、ダンプカーの下に潜り込んだりする。基地に出勤する米兵を見つけると、道路に飛び出して妨害する人も。
 国道329号は沖縄本島東部を縦断する生活道路だ。過激派反対運動の影響で、路線バスは辺野古周辺を迂回する措置をとっている。平穏な日常生活を妨害された近隣住民は怒りの声を上げている。
 東村在住の男性は、シュワブ前を通って宜野座村に出勤しているが、「渋滞に巻き込まれ、出勤時間に間に合わなかった」という。辺野古在住の男性は、「何が『奇跡』だよ。こっちにとっては迷惑な1週間でしかない」と言い捨てた。

 護岸埋め立て工事に着手して1年となる25日の午前10時ごろ、約300人がゲート前に集結し、工事車両の通過を止めようと、体を張って抵抗していた。反対派は地元の迷惑など知らん顔だ。ある女性は、カメラを手にした筆者に向かって関西弁で「この風景をしっかり撮っとったって」と要求。危険な活動をする者には、県警機動隊は車両で囲った部分に一時的に封じ込める措置を取っている。その中にいる反対派は「不当拘束」「人権侵害」と叫んでいた。

車道に出て基地関係車両の通貨を妨害する人々=25日午前10時、沖縄県名護市辺野古キャンプ・シュワブのゲート前

車道に出て基地関係車両の通行を妨害する人々=25日午前10時、沖縄県名護市辺野古キャンプ・シュワブのゲート前

 数時間だけでも車両を止めていることに、一部の反対派は「やればできる」と満足しているが、辺野古の埋め立て工事が早ければ7月にも始まる。
 病気療養中の翁長雄志知事は、工事が進められることについて「甚だ遺憾だ」とコメントを発表しただけで、工事を止めるための具体的な手だては講じていない。前知事が出した埋め立て承認の「撤回も辞さない」と言いながら3年半が過ぎた現状に、一部の反対派は業を煮やしている。翁長氏のあいまいな態度が反基地活動を過激にしている側面は否めない。
(那覇支局・豊田 剛)

9

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。