«
»

那覇市の孔子廟使用料免除 地裁が違憲判決

那覇市の孔子廟使用料免除 地裁が違憲判決

「政教分離」原則に違反

 那覇市の公園内に設置された久米至聖廟(孔子廟)の使用料が免除されていることについて、那覇地裁がこのほど政教分離の原則に反するものとして「違憲」と判断した。市は「宗教施設ではない」と主張し、控訴する方針を固めた。(那覇支局・豊田 剛)

 孔子廟は、儒学の祖である孔子、その門弟(顔子(がんし)、曾子(そうし)、子思子(ししし)、孟子(もうし))を祀(まつ)る施設だ。久米至聖廟は、14世紀に中国福建省から渡来し琉球国の発展に寄与した「久米三十六世」と呼ばれる人々が那覇市久米村に1676年(延宝4年)に建立。本殿に相当する「大成殿」、孔子の父らを祀る「啓聖祠(けいせいし)」、学問施設の「明倫堂」などの施設からなる。これが1944年(昭和19年)に戦争で焼失し、75年(同50年)に同市若狭に置かれたが、2013年(平成25年)に現在の久米の地に戻った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。