«
»

知事選の行方占う沖縄市長選 22日投開票

知事選の行方占う沖縄市長選 22日投開票

「大規模アリーナ」建設が焦点

 任期満了に伴う沖縄市長選が22日に投開票される。有権者数は14日現在、11万171人。新人で元市議の諸見里宏美氏(56)=希望、民進、共産、自由、社民、沖縄社会大衆党推薦=、再選を目指す現職の桑江朝千夫氏(62)=自民、公明、維新推薦=の無所属2氏が激戦を展開中だ。秋の県知事選の行方を占う選挙だけに、国政選挙並みの注目を集めている。(那覇支局・豊田 剛)

 市長選は政府・与党と翁長雄志知事の「代理戦争」の様相を帯びており、秋の知事選の前哨戦と位置付けられる。「選挙イヤー」の沖縄の選挙はこれまで、南城、名護、石垣の3市と八重瀬と南風原(はえばる)の2町で首長選が行われているが、翁長知事派は南城の1勝のみ。現職が再選されれば、翁長氏を支持する革新系「オール沖縄」勢力への大打撃になる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。