«
»

「自由民主」の科学政策重視

「自由民主」の科学政策重視

第4次産業革命が成長戦略、「骨太」「未来投資」で新社会像

 「第4次産業革命」に安倍政権はアベノミクスの成長戦略を期待している。自民党の機関紙「自由民主」(6・20)は、1面で政府が9日に閣議決定した経済財政運営の基本指針「骨太の方針」、「未来投資戦略2017」を、「人材への投資で生産性を向上」「経済再生なくして財政健全化なし」「ソサエティー5.0を実現」の見出しで扱った。

 政府が「未来投資戦略」で提唱したソサエティー5・0(Society5.0)とは、人類史上の狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く5番目の新たな社会を指す。人口減少時代を逆手に取り、人工知能(AI)やIoT(自動車、家電ほかさまざまなモノがインターネットに接続されること)による第4次産業革命がもたらす「新しい価値やサービスが次々と創出され、社会の主体たる人々に豊かさをもたらしていく」という社会像だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。