«
»

参院選決起で「自由民主」、「理念なき民共合作」を批判

参院選決起で「自由民主」、「理念なき民共合作」を批判

野党統一候補の政策を問う

 自民党の機関紙「自由民主」3月22日号は党大会特集号だった。「参院選必勝に向け総決起/『先頭に立って選挙戦を勝ち抜く』/安倍総裁力強く決意表明」の見出しの通り参院選に向けた決起であり、「安倍総裁あいさつ」の見出しには「『自公政権』対『民主・共産勢力』との戦い」の言葉を取っている。

 自民党大会があった13日の翌日の14日、民主党と維新の党は新党名を「民進党」と発表した。27日結党をもって「自公政権」対「民進・共産勢力」の戦いになる。各世論調査から民進党への期待は高いとは言えない。しかし、これまでの民主党を相手とした選挙よりも厳しくなることは間違いない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。