«
»

「社会民主」 臨時党大会、「護憲」 の看板が立憲へ

国政から消滅の可能性

 社民党が14日に開いた臨時党大会の採決で個別の離党、立憲民主党への合流を容認することを決定した。先の国民民主党のように党は残し、残留組と離党組に分かれるもので、参加した代議員167人のうち賛成84というギリギリ過半数で分党を決めた。

 月刊「社会民主」10月号の「国会議員リレーエッセー」には、「立憲民主党からの呼びかけについて」と題して吉田忠智幹事長が、合流に向けた態度決定の経緯を報告している。

 2月の党大会で、「合流した場合の理念・政策や党員制度、地方組織、運動団体との関係、機関紙誌の扱い、党職員の雇用等の課題について」決めることになった臨時党大会の開催は、新型コロナウイルス感染で延び延びになっていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。