«
»

「赤旗」懇意の学者たち 学術会議に入れず激昂

特大報道で立憲使いこなす

 縦割り行政、前例主義の打破を掲げた菅義偉内閣が発足したところ、最初の野党との論戦テーマが日本学術会議とは意外だった。もっとも菅内閣ではなく共産党が叫んだからだ。同党機関紙「しんぶん赤旗」(10・1)は、「前例ない推薦者外し」「菅首相、学術会議人事に介入/推薦候補を任命せず」(1面見出し)と、突出して特大報道した。

 立命館大学大学院法務研究科の松宮孝明教授からの情報で、9月29日夕方に同会議事務局長から松宮氏ら数人の名前が任命名簿に載っていないと連絡があったと記事にしたものだ。

 同紙1日付の報道後すぐに志位和夫委員長が記者会見し、同紙2日付1面に「『学問の自由』脅かす重大事態/学術会議介入/違憲・違法の任命拒否は撤回せよ/志位委員長が記者会見」(見出し)の記事と共に、1日に東京都内で開かれた日本学術会議総会について「首相が6人任命拒否」などと報じた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。