«
»

公認内定載る「国民民主」 立憲へ合流で“空手形”に

理解に苦しむ離合集散

 国民民主党の機関紙「国民民主」も終わるのであろう。7月17日号には「第49回衆院選(2021年10月21日任期満了)公認候補内定者一覧」が載り、43人の内定候補者の顔写真をブロックごとに載せているが、肝心の現職は同紙に「入党のお知らせ」を告知された山尾志桜里衆院議員を含めて載っていない。

 立憲民主党との合併協議の事情もあっただろうが、党の今後もどうなるか分からない公認内定者リストは空手形のようなもので、本気度を欠いていた。結局、同党は19日に両院議員総会を開き、解党の上で立憲と合流すると決めた。

 国民民主党の今後に関して、玉木雄一郎代表は「解党した上で分党する」と表明しており、立憲に加わらない残留組と新しい党の結成を模索している。合併協議は支持率1%前後の国民が次期衆院選に展望を持てないながら、民進党継承による政治資金をまだ50億円ほど保有していることが交渉力となった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。