«
»

「自由民主」党大会延期

政治に影響する感染拡大 運動方針で憲法改正を強調

 自民党機関紙「自由民主」1面に同党にとって重要な行事の延期が連続して布告された。いずれも一般多数の参加が見込まれる。

 「故中曽根元総理の合同葬を延期/新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、政府とわが党は2月25日、今月15日に予定されていた故中曽根康弘元総理・総裁の内閣・自由民主党合同葬(葬儀委員長=安倍晋三総理・総裁)を当面延期することを決めた」(3・17)

 「第87回定期党大会を延期/本年3月8日に開催を予定していた『第87回定期党大会』は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、延期となりました」(3・3)

 同紙は週刊で日付の1週間前に発行される。党大会延期発表は2月21日。同28日には首相が臨時休校、イベント自粛を要請した。感染の影響は政治も例外ではない。発生源の中国では全人代(国会に相当)が延期になるほどで、習近平国家主席来日も延期になった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。