«
»

首相答弁に抗議「赤旗」 共産党の「暴力革命」方針

「分裂」にすり替え責任転嫁

 安倍晋三首相が衆院本会議で13日に共産党の1950年代の破壊活動について答弁し、同党機関紙「しんぶん赤旗」(2・14)は「安倍首相の衆院本会議でのデマ攻撃に断固抗議する」と題して志位和夫委員長の記者会見を扱った。

 答弁内容は、公明党の機関紙「公明新聞」(2・14)の「発言録」という欄にも「『暴力革命』の共産は破防法の調査対象」と題して次のように載せていた。

 「日本共産党は1951年から53年ごろにかけて、団体の活動として、革命の正当性、必要性を主張し、各地の党組織や党員が殺人や騒擾(そうじょう)などの暴力主義的な破壊活動を行った疑いがある。現在においても、いわゆる『敵の出方論』に立った『暴力革命』の方針に変更はないものと認識しており、破壊活動防止法に基づく調査対象になっている。(13日 衆院本会議で野党の質問に対し)」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。