«
»

「自由民主」入管法改正 「深刻な人手不足」で押し切る

「自由民主」入管法改正 「深刻な人手不足」で押し切る

「野党勉強不足」と社民誌に

 終幕した臨時国会は出入国管理法改正をめぐる与野党対決に明け暮れ、安倍晋三首相が掲げた憲法改正の議論は進まなかった。だが、外国人労働者に「特定技能1号」の在留期間上限を5年、より熟練した「特定技能2号」の在留期限は更新することができ、配偶者と子供の帯同も可能にするなど、より多くの外国人受け入れにつながる同法は短い会期であっさりと成立した。

 自民党機関紙「自由民主」は1面で「深刻な人手不足解消を/入管法改正案が審議入り」(11・25)、「入管法改正案衆院可決」(12・11)、「改正入管法が成立/人手不足の解消を促進」(12・18)、「安倍総理記者会見/改正入管法の意義を強調」(12・25)など多く扱い、最重要法案らしく力が入っていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。