«
»

日本独自の「女性活躍」を、「ジェンダー平等」

 「森発言」をきっかけに、「ジェンダー平等」が注目を集めている。森氏の後任として新会長に就任した橋本聖子氏は就任会見で、今後の重点政策の一つに「ジェンダー平等の推進」を挙げ、早速推進チームを発足させた。

 こうした動きを予想したわけではないだろうが、月刊「潮」は2、3月号と連続で「女性活躍」に関する論考を掲載した。東洋大学理工学部准教授の小島貴子氏の論考「あなたの中にもある『無自覚な偏見』から自由になるために。」と、近畿大学教授の奥田祥子氏の「なぜ日本では『女性活躍』が進まないのか。」だ。

 森発言はジェンダー平等の後進性、男女の役割に関する偏見の象徴というのがほとんどのメディアの評価だった。小島、奥田両氏とも、日本の後進性を表す指標として紹介しているのが世界経済フォーラムが2019年末に公表した「ジェンダー・ギャップ指数2020」。日本は153カ国中121位。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。