«
»

コロナ後の世界 「直系家族」の再評価

個人主義国で死亡率高い

 「ロックダウン」(都市封鎖)のできない日本が、新型コロナウイルスによる被害をこれまでのところ最小限に抑え込んでいるのは、世界から見れば「奇跡」なのだという。なぜそうなっているのか。

 総力特集「コロナ後の世界」を組んだ「文藝春秋」7月号で、作家・数学者の藤原正彦は「日本の新型コロナ対策はことごとく見当違いに見えるが、結果的には世界で最も死亡率を低く抑えた国の一つである。奇妙な成功」という米外交誌フォーリン・ポリシーの分析を紹介。

 その上で「医療従事者の献身はもちろんですが、国民の高い公衆衛生意識、規律や秩序など高い公の精神、すなわち民度の高さの勝利」と評価した(「『日本人の品格』だけが日本を守る」)。日本人にとっては常識(伝統的な美徳)にそって行動したにすぎないことでも、西洋人の目には「奇跡」と映るのだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。