«
»

元旦社説で安保重視した読・産、国の根幹を論じようとしない朝・毎

◆過剰報道は煽動の類

 新しい年を迎えて、新聞の使命を改めて考えてみる。

 新聞は「社会の木鐸(ぼくたく)」と呼ばれる。木鐸というのは、木製の舌のある鉄でできた鈴のことで、中国で法令などを人民に宣伝するときに鳴らしたという(「礼記」)。それが転じて世人を覚醒させ、教え導く人を指すようになった。

 「宣伝」という言葉を欧州で始めて使ったのはカトリック教会で、1622年のことだという。宗教改革に対抗するため教義を体系化し、その伝播活動で宣伝という概念が登場した。思想や主義・主張を大量の人々の間に浸透させ、定着させる試みという意味だ(藤竹暁『マスメディアと現在』)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。