«
»

ラグビーは地デジ、アメフトはBS扱いだが、解説優れたNHK実況

◆難しいルールを説明

 正月のテレビ番組は、日本テレビの箱根大学駅伝以外は民放がバラエティーの目白押しで、NHKがスポーツ放送というイメージが定着してきている。

 今年もNHK総合は元旦の天皇杯全日本サッカー選手権決勝戦に続いて2日、全国大学ラグビー選手権準決勝の2試合を放映した。同ラグビーの試合は副音声で丁寧にルールの解説を加えていたが、よく似た種目のアメリカンフットボールの方は、社会人と大学のトップチーム同士の対戦を依然としてBSで扱っていた。

 サッカーと違って、ラグビーは確かにルールが分かりにくい。後ろにしかパスを出してはいけないという鉄則は見てすぐ分かるが、フィールド上のボールの取り合いで、もみ合い状態になった時のボールの扱いやゲーム再開の仕方や、ラグビーならではの反則はよく分からないものが多い。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。