«
»

小池知事の北朝鮮系団体主催追悼式への文書送付見送りを批判する朝日

◆根拠薄い「六千余名」

 防災の日が9月1日なのは、関東大震災の発生の日に由来する。それから94年、東京都墨田区にある都立横網町公園の都慰霊堂で大法要が営まれた。防災訓練とともに定番の行事だが、新聞ではあまり報じられず、テレビでは地方ニュースで扱われることが多い。

 ところが、今年はちょっと違った。2日付の朝日社会面トップに「朝鮮人犠牲、語らぬ小池氏 関東大震災『歴史家がひもとくもの』 虐殺、有無明言せず」との見出しが並び、産経社会面トップには「朝鮮人追悼式 小池都知事、文書取りやめ 『虐殺』めぐり対立」とある。大法要ではなく、朝鮮人犠牲者追悼集会をめぐる記事が大きく扱われていた。

 この日、横網町公園で6000人が虐殺されたとする朝鮮人犠牲者追悼式と、その数字に異議を唱える団体の集会が開かれ、小競り合いとなった。朝日は明らかに追悼式側に肩入れしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。