«
»

北ミサイルに米韓演習への対抗経費の苦しさ指摘した「日曜討論」等

◆否めない手詰まり感

 相次ぐ北朝鮮のミサイル発射だ。8月29日には、日本領空を越えて2700キロ飛行し、襟裳岬の東約1180キロの太平洋上に落下した。朝鮮中央通信は30日に新型中距離弾道ミサイル「火星12」の試射に「成功した」と発表。26日にも短距離弾道ミサイル3発を日本海に向け発射し、1発が250キロ飛行した。

 韓国で米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」が21日から31日まで行われ、また、26日の発射は、北朝鮮の「自制」説を打ち消した形にもなったため、27日放送の報道番組で改めて取り上げられていた。

 識者らの共通認識は、北朝鮮が米国東海岸まで射程にする核弾頭搭載大陸間弾道ミサイルの開発・配備を放棄することはない、ということだ。それだけに、議論には手詰まり感が否めない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。