ワシントン・タイムズ・ジャパン

終戦記念日の前後に自虐史観から日本軍批判の番組を並べたNHK

◆戦争防止に役立たず

 今年も「8月15日」を前後して、テレビでは戦争番組が多かった。毎年のことだが、特にNHKスペシャルで多かった。「本土空襲 全記録」(12日)、「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」(13日)、「樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇」(14日)、「戦慄の記録 インパール」(15日)などだ。

 BS1スペシャル「なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語った“真相”」(13日)のように、独立をもくろむ空軍の野望という米軍内部の事情に焦点を当てた番組もあったが、日本軍の混乱ぶりや理不尽さを強調した番組が多かった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。