«
»

英国テロを扱いながら「テロ等準備罪」法案に反対一辺倒のサンモニ

◆元活動家が過剰反応

 北朝鮮のミサイル発射を盛んに放送しながら、防衛に不可欠な自衛隊を憲法に明記する9条改正には反対の声を多く取り上げる。「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案にも凄惨(せいさん)なテロ事件を報道しながら反対の声を多く取り上げる――一部の報道番組には倒錯した印象を受ける。

 5月28日放送のTBS「サンデーモーニング」もその例に漏れない。放送時間前半で英国マンチェスターで22日に起きた自爆テロを扱いながら、後半の「風をよむ」というコーナーで「テロ等準備罪」に「“共謀罪”の行方」と題して批判したが、肝心のテロ対策の効果には全く言及しなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。