«
»

「黒塗り」文書に「情報開示の悪化」を決め付けたアエラ記事の誤り

◆圧力をかけた文書?

 アエラ5月15日号で、「問われる原子力規制委員会の情報公開 新しい判断は『黒塗り』」という意味深長なタイトルの記事が掲載された。

 2006年4月に原子力安全・保安院が原子力安全委員会(原安委)に送った文書の開示を要求したところ、原子力規制委員会(規制委)からこの4月3日、「表題と数行の内容以外は、ほとんど真っ黒に塗りつぶされた」文書が返ってきたというのだ。(規制委は福島第一原発事故後の12年、保安院と原安委が統合した行政組織)

 文書は、耐震設計審査指針に関するもので「それまでに造られた東京電力福島第一原発のような古い原発はすべて『既存不適格』とされてしまう恐れがあったため、そうならないように保安院が原安委に対し、新指針を古い原発に適用しないように圧力をかけた文書だ」という。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。