«
»

中国批判の北朝鮮に「自信」を見た「新報道」、「日曜討論」は圧力評価

◆米中朝の新たな展開

 偽札、麻薬が北朝鮮の資金源になってきたことは知られているが、今度は世界中の銀行を狙ったサイバー犯罪が明るみになってきた。10日に米国の上院で情報セキュリティー会社幹部や国家安全保障会議(NSA)長官が証言した。バングラデシュ中央銀行から8100万ドルなど31カ国もの銀行を狙って金を盗んだ可能性があるという。

 トランプ米大統領は就任後、核を放棄しない北朝鮮に対して米国が単独行動に踏み切る構えで制裁の“抜け穴”と見ていた中国を巻き込み圧力をかけた。中国は北朝鮮から石炭の輸入を3月から控えたもようで、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に報告された北朝鮮による石炭輸出量は月当たり100万トンを超えていた2月までと比べ、3月は6342トンに減ったという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。