«
»

憲法70年、経年劣化認めぬ頑迷な朝日にこそ必要な「頭の切りかえ」

◆読売も「70年」を評価

 「今まずやらなければいけないことは自衛隊についてで、残念ながら憲法学者の多くが違憲と言っている。そういう状況を変えるのは私たちの世代の責任だ」

 安倍晋三首相(自民党総裁)は9日の参院予算委員会で、憲法改正に関し、9条への自衛隊の根拠規定を追加することを最優先する方針を明らかにした。

 首相が国会で9条改正に言及したのは、憲法記念日の3日に改憲推進派の集会に寄せたビデオメッセージで、現行の9条の1、2項の戦争放棄規定を維持した上で自衛隊の根拠規定を追加する案を打ち出して以降、初めてである。質疑では、海外での武力行使につながるとする野党の批判に「そうしたことにはならない。1、2項を残すのだから、当然、今まで受けている憲法上の制約は受ける」と反論した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。