«
»

普通の近代国家の法整備を「戦前復古」と決め付けた毎日夕刊コラム

◆「右翼校長」の人生訓

 毎日夕刊のコラム「牧太郎の大きな声では言えないが…」で、客員編集委員の牧氏が「『右翼校長』と『教育勅語』」と題し次のような話を紹介している(3月27日付)。

 60年前のこと。牧氏は第1志望の中学校の入学試験に失敗、第2志望の日本大学第一中学校に進むことになり、複雑な気分だったとき、「校友会誌」にあった佐佐木英夫校長の「青年に望む」という一文に勇気付けられたという。

 <諸君よ、回想せよ。明治維新を成したものは明治の三傑たる西郷、木戸、大久保を始めとし、薩長土肥の青年であったことを。又(また)ローマの基礎を築いたものはスキピオ、ケザール等の青年であったことを>

 その結びは<北大の前身札幌農学校外国教師クラーク先生曰(いわ)く、「少年よ大志を抱け」と、諸君。それ力めよや>。青年が歴史を動かす話に牧氏は「がぜん、元気になった。入試に失敗した僕でも、何かができる」と思った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。