«
»

歪な歴史認識でテロ等準備罪を治安維持法の再来のように書く朝日

◆戦前の共産党を美化

 ロシア革命をめぐって産経が連載を組んだ。その中で興味深かったのは「皇室銃殺の地に残るメモ」だった(15日付「ロシア革命 100年」上=遠藤良介モスクワ特派員)。

 ロシア最後の皇帝、ニコライ2世一家7人はロシア革命後の1918年7月、ロシア中部のエカテリンブルクの元商家の地下室で銃殺された。その跡地にソ連崩壊後の2003年、教会が建てられた。教会の下にニコライ2世一家の血が染み込んでいるので、「血の上の教会」と呼ばれているそうだ。

 遠藤記者は教会に併設されている皇室博物館を訪ね、レーニン率いるボリシェビキの地元幹部が書き残した、大量の硫酸をやり取りするメモを紹介し、「ニコライ2世らの遺体は郊外に運ばれて焼却された上、硫酸を使用して身元の隠匿が図られたとみられている」と記している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。