«
»

川内原発再開で東、毎は知事の「変節」非難、産、読は「現実的」と評価

◆知事の言動が焦点に

 鹿児島県の九州電力川内原発1号機が、定期検査をほぼ終えて11日に発電を始め、運転を再開した。来年1月6日には営業運転に移行する。

 同原発では2号機もこの16日から定期検査に入り、来年2月27日に発電を再開し、3月24日に営業運転に移行する計画である。

 この川内原発の運転再開について、原発慎重・反対派の東京、毎日と肯定派の産経、読売で論調が見事に分かれた。

 特に今回は、原発そのものというより、鹿児島県の三反園訓知事の言動、対応が焦点になっている感じで、東京、毎日は知事の対応を「変節」と非難し、産経、読売は「現実的対応」と評価した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。