ワシントン・タイムズ・ジャパン

米大統領選トランプ氏勝利で公約実現に期待と不安のイスラエル各紙

◆米大使館移転を約束

 米大統領選でのドナルド・トランプ氏の勝利は世界に衝撃を呼んだ。中東政策では、オバマ政権から大きく舵かじを切るとみられ、強い親イスラエルの姿勢を示している。しかし、政治経験がない上に、選挙戦中の破天荒な発言、それらがどこまで実行されるのかが読めないことが、いっそう不安を呼んでいるようだ。

 トランプ氏は選挙戦中、和平交渉でイスラエルに圧力をかけないことを約束した。当事者同士の交渉で解決されるべきだからという理由からだが、イスラエル側に有利に働くのは明らか。ヨルダン川西岸でのイスラエルの入植活動に反対するなど、介入姿勢を示していたオバマ政権からの大きな転換だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。