«
»

ノーベル文学賞受賞でボブ・ディランをべた褒めのNW日本語版特集

◆西洋文学の最高水準

 「偉大なアメリカの歌の伝統に、新たな詩的表現を生み出した」―米国のミュージシャン、ボブ・ディランが今年度のノーベル文学賞を受賞した理由について、ノーベル財団はこう話したという。ニューズウィーク(NW)日本語版10月25日号は、この受賞を受け「ボブ・ディランの真価」のタイトルで、10ページの異例の長さで特集記事を載せている。それもべた褒めの内容だ。米国民には今回の文学賞受賞はよほど誇らしく、うれしかったのだろう。

 米国人の科学系、経済学のノーベル受賞は毎年のようにあるから、国民も慣れっこになっているせいかもしれないが、当の学者を抱える大学当局の栄誉という次元の話としてもっぱら流布される。ところがボブ・ディランの文学賞受賞に対する反応は、明らかに違った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。