«
»

三反園知事の原発停止要請を拒否した九電回答を評価した産経社説

◆知事に停止権限なし

 九州電力の瓜生道明社長は5日、鹿児島県の三反園訓知事から要請されていた川内原発の即時停止について、応じない方針を回答した。

 熊本地震で県民の不安が高まっているとして、直ちに原発を停止し、入念に行うよう求められていた設備点検は、知事の要請とは関係なく、定期検査(1号機は10月6日、2号機は12月16日から)で2カ月余り原発を停止して行うからである。

 九電の回答は知事の要請を全く無視するというものではく、定期検査に合わせて、原子炉や使用済み燃料プールなどに関する特別点検を実施。検査に入る前の原発運転中も、前倒しが可能な点検は行う方針という。

 三反園知事は九電の回答に対して「極めて遺憾だ」と表明したが、その言葉は知事の即時停止要請そのものに対して当てはまるのではないか。知事には原発を停止する法的権限がないからである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。