ワシントン・タイムズ・ジャパン

リオ閉会式の「安倍マリオ」登場に「政治利用」と難癖付ける朝、東京

◆見出し工夫する各紙

 南米初の「スポーツと平和の祭典」リオ五輪が幕を閉じた。日本選手団は過去最多のメダルを獲得しただけに閉会式を伝える各紙は「熱狂 東京に続く」(産経23日付)「さあ4年後は東京の出番だ」(読売社説=23日付)と、東京五輪への“決意表明”を思わせた。

 リオ五輪では感動を伝える紙面作りが印象的だった。毎日はレスリング女子53キロ級決勝で吉田沙保里選手が敗れると、20日付1面で「吉田 金以上の銀/時代築き、後進育て」とし、スポーツ面では「泣くな吉田 五輪の花だ」の大見出し。隣の紙面は「川井 芽吹きの金」と、63キロ級で優勝した初出場の21歳、川井梨紗子選手をたたえている。

 こんなふうに新聞の見出しにも工夫が欠かせない。読者は勝敗結果もそれにまつわる喜びや悔しさも、すでにテレビで分かち合っている。だから紙面はスポーツ記者や整理記者の腕の見せどころとなる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。