ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

8月初の祝日「山の日」に、薀蓄を傾けた各紙看板コラムに読み堪え

◆日経除く各紙が社説

 平成26年の祝日法改正で、今年から祝日のなかった8月に初の祝日として11日と定められた「山の日」を初めて迎えた。山を対象とした祝日も世界で初めてとか。これで祝日も今年から年16日に増えたのである。

 日本は国土の4分の3を山地や丘陵が占める「山国」で、日本人は古くから海とともに山からも恵みを受け、山を崇め、山に親しみ、山とともに生きてきた。昨今は「山ガール」ブームが言われ、中高年だけでなく若い女性にも登山愛好者が増えている。狩猟や薪、炭焼き、山菜や茸採りなどの生活があり、山を聖地とする信仰や修験道の歴史があり、近年はスキーや山歩き、高山植物めぐり、森林浴などレジャーや健康、趣味などを楽しむ場として山と人との密接なつながりは続いている。

 そんな「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」(祝日法第2条)趣旨の「山の日」がこれまで無かったことの方がむしろ不思議なのかもしれない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。