ワシントン・タイムズ・ジャパン

反改憲の争点化に頬かむりで「敗北」認めぬ朝日の参院選報道”総括”

◆今になって争点否定

 7月の参院選と都知事選ではいずれも野党・反改憲勢力が敗れた。ジャーリストの森健氏は毎日の7月28日付「月刊・時論フォーラム」で「野党以上に敗れたメディア」と嘆息しているが、当のメディアはどうだろうか。

 朝日は5日付「あすへの報道審議会」で参院選報道を“総括”している。同審議会は読者代表のパブリックエディターと朝日の編集幹部が同紙の記事や報道姿勢について意見交換するもので、その中でパブリックエディターのひとり、河野通和氏(新潮社「考える人」編集長)がこう疑問を呈している。

 「朝日新聞は、安倍首相が語らない『改憲』を問題にし、参院での『改憲勢力』が3分の2に達することへの警鐘を鳴らし続けた。野党共闘がスローガンに掲げた『3分の2阻止』とも重なるが、これに焦点を当てたのは有効だったか。55年体制を引きずったステレオタイプの対立の構図にしか見えず、改憲への国民の関心は高くなかった」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。