ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

教師の選挙違反告発サイトに「戦前の思想統制」とレッテル貼る毎日

◆違法活動把握は妥当

 毎日の夕刊に「特集ワイド」と題する紙面がある。表紙をめくった2面にほぼ1ページを割き、しばしば突拍子もない記事を載せる。参院選前には「この国はどこに行こうとしているのか」とのタイトルで反安倍、反改憲の人士を次々と登場させ、野党に肩入れした。

 だから、ちょっとのことでは驚かないのだが、それでも7月28日付には驚かされた。「自民党『偏向教師密告』サイトの波紋 『まるで戦前の思想統制』」とあったからだ。戦前の思想統制とは穏やかな話ではない。

 リード文では「心配である。参院選で大勝し、かつてない巨大権力を手に入れた自民党が、だ」と書き出し、同党のホームページ(HP)上で「政治的中立を逸脱した学校の先生がいたら名前などを教えて」という趣旨の「調査」に乗り出し、「まるで戦前」と波紋を広げているとしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。