ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

中国の「水戦略」の影響を強調すべきだったNW日本版の水関連記事

◆メコン川襲う水不足

 ニューズウィーク日本版(8月2日号)で、インドシナ半島を縦断する国際河川メコンでも、水不足が急速に悪化していることを伝えている。題して「メコン川を襲う世界最悪の水危機」。

 日本列島は今夏、当初は水不足が心配され、注意も喚起されたが、今はその報道もかなり沈静化している。わが国は水に恵まれていながら昔から水不足に悩まされ、一方では洪水の害を受けてきた。そのため「水は天からもらい水」という言葉もある。水は、人智ではどうにもならない授かりものであるというのが多くの人の実感だろう。ともかく水の供給に関しては割と楽観的である。

 しかし世界を見渡せば、恒久的に水不足に悩まされ、それが死活問題となっているところが少なくない。また将来的に最悪、居住さえ危うくなる可能性を言及されるところもある。カンボジアやベトナムなどメコン川流域の密集する居住地域もその一つ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。