«
»

天皇陛下の「生前退位」論じた社説で「憲法」連呼し異様さ際立つ東京

◆皇位定める皇室典範

 憲法、憲法、憲法…、数えてみれば、憲法の文字が9回も登場する。天皇陛下の「生前退位」を論じた東京14日付社説だ。その中で「天皇」の文字は12回。それに対して憲法は9回。天皇と書くたびに憲法を冠しているといっても過言ではない。

 その一部を拾い出してみると、「憲法にいう象徴としての務め」「憲法に定められた天皇の在り方」「憲法と天皇との関係」「憲法に定められた外国大使らの接受などの国事行為」といった具合だ。

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されているというニュースは、参院選の熱気の冷めやまぬ列島を駆け抜けた。14日付各紙は解説などで詳しく論じたが、東京社説は天皇よりも憲法の方が大事だとでも言いたいのか、憲法、憲法の連呼だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。