«
»

致命傷になりかねない都知事候補・鳥越氏の「女性問題」各誌が報道

◆またも炸裂“文春砲”

 東京都知事選も佳境に入っている。主要候補3人の戦いはまるで「人気投票」のようだ。知名度だけが物を言い、投票日まで10日を切って、ようやく政策論争らしきものが聞こえてきた。

 そんな中で“文春砲”が炸裂(さくれつ)した。週刊文春(7月28日号)が野党統一候補の鳥越俊太郎氏の「『女子大生淫行』疑惑」を載せたのだ。この時期、この手の記事は選挙妨害、名誉毀損(きそん)に問われかねない。鳥越事務所は記事掲載が明らかになった20日に、文春編集部宛に「抗議文」を送っているが、しかし、出てしまったものは抑えようがない。鳥越氏にとって、この記事は致命的打撃になりかねないだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。