«
»

ダッカ・テロ事件を受け「コーラン」一節の暗誦を安易に勧める新潮

◆日本人狙われた衝撃

 日本人7人を含む20人が犠牲となったダッカ・テロ事件。なぜ日本人が狙われ、殺されたのか、いまだに犯行の動機がはっきりしていない。「イスラム国」(IS)の「バングラデシュ支部」を名乗る組織が実行犯の顔写真を公開しているが、バングラ政府はISの犯行でなく、国内過激組織によるものだとの見解を出している。

 何の落ち度もなく、むしろ同国のインフラ整備に尽力していた日本人が無残な殺され方をしたのに、その理由や詳細が事件発生から10日経(た)ってもはっきりしないのは真に残念だ。

 週刊新潮(7月14日号)は「バングラ・テロ特集」を組んだ。「ダッカ現地取材も駆使してあぶり出す『バングラ・テロ』の全貌」に迫ろうというものだ。最初に「インド人ジャーナリストの証言などを元に、テロの一部始終を再現する」として、7月1日の夜から2日に治安部隊が突入するまでの様子をまとめている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。