ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「違憲」が流行している裁判所の解せない判決を痛烈に批判した読売

◆選挙無効判決は疑問

 このところ、裁判所の「違憲判決」が続いている。9月に最高裁は婚外子相続問題で民法規定を違憲と断じたが、広島高裁岡山支部は7月の参院選を「違憲で無効」とした。いずれも解せない判決だ。

 婚外子判決を真正面から批判したのは本紙だけだが、11月29日付社説はさらに踏み込み、最高裁判事の「罷免」の在り方を俎上(そじょう)に載せている。判決への批判は月刊誌などにも広がっており、司法の在り方が今後、大いに問われよう。

 「1票の格差」判決も同様だ。最高裁大法廷は1週間前の20日、昨年の総選挙の「1票の格差」について「立法の裁量」に配慮し、違憲とまで踏み込まず「違憲状態」とし、無効ともしなかった。ところが、広島高裁岡山支部は最高裁の判断を無視し、いきなり違憲無効判決だ。この裁判長は今年3月にも違憲無効判決を出しており、どうやら「1票の平等」信奉者らしい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。