ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

3倍も水増し「65000人」に拘泥する沖縄2紙の反米集会見出し

DSC_1342

◆「オール沖縄」のウソ

 6万5000という数字が躍っている。沖縄県うるま市で起きた元米兵による女性暴行・殺人事件に抗議する集会が先ごろ那覇市で開かれた。それを報じる地元紙、沖縄タイムスと琉球新報の20日付1面の特大見出しだ。

 「海兵隊撤退へ 6万5000人結集」(タイムス)

 「怒り、悲しみ限界 6万5000人結集」(新報)

 朝日と毎日も同日付1面で報じたが、参加人数は見出しにない。沖縄2紙だけが鬼の首を取ったかのように参加人数を大きく報じている。いかに数字にこだわっているかが知れよう。

 集会は翁長雄志知事を支える政党や労組、市民団体、企業らでつくる「オール沖縄会議」が主催し、海兵隊の沖縄撤退などを求める決議を採択した。オール沖縄と言っても、自民、公明、おおさか維新の会は参加しなかった。県下11市の市長のうち、参加したのは2人だけだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。