«
»

LGBT概念広めたNHK、今度はその「枠を超えて」とマッチポンプ

◆当事者間で不協和音

 5月20日放送のNHKの特報首都圏のテーマは「あなたの中の“男と女”-LGBTの枠を超えてー」だった。「性的少数者」の意味で使われるLGBTは、今では頻繁にメディアに登場するようになったが、それを牽引(けんいん)してきたのはNHKである。その公共放送が今度は「その枠を超えて」とはいったいどういうことか。

 LGBTという言葉は米国で生まれ、1990年代に日本に入ってきた。L(レズビアン)、G(ゲイ)、B(両性愛者)、T(トランスジェンダー)が連帯して、権利拡大運動を進めようということで使われるようになったのだ。「同性愛者」という言葉には、抵抗を感じる人が少なくないが、LGBTというアルファベットなら、その意味がはっきり伝わらないので、逆に社会に浸透させやすいとして採用されたのかもしれない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。